« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

シュワ〜

シュワ〜
昨日も今日も暑すぎ…。

外に出ると一気に汗が吹き出します。

今日は私用で茨城まで遠征。
昔は出張でよく乗った常磐線に久しぶりに揺られ、今ハマっている誉田哲也著の「ジウ」に読み耽る。
三冊で完結なんだけど、面白過ぎて一日一冊ペース。
今日のお供は完結編の三冊目。

刑事ものは大好物。面白いですよぉ。

写真はコーヒー派の私がつい暑さに負けてカフェでシュワッとベリーソーダーを頼んでしまった。
夏はやっぱり炭酸ねっ。

2011年6月27日 (月)

紫陽花見納めですよ

紫陽花見納めですよ
紫陽花見納めですよ
昨日は披露宴のお仕事。

幸せのお手伝いです。

そうしたら…
幸せのおすそ分けを頂きました。

この季節は紫陽花ですよねっ。

料亭では旬の食材に加えて旬のお花が楽しめるのがなんとも風情であります。

お花屋さんいわく、もうすぐ紫陽花も終わりらしく、ラストチャンスなんですって。

見事に咲いた紫陽花がしっとり、うっとり花嫁さんを見ていましたよ〜。

紫陽花は赤でも青でもなく、こういう中間色の鮮やかな紫色が好きです。

見納めかと思うとさらに風情を感じますよね?

2011年6月26日 (日)

世界遺産登録

2年前に友人と訪れた「平泉」。
当時世界遺産登録を目差して色々な活動が目についた。実は2008年に一度世界遺産登録に落選していたんですね…。街はゴミもなく綺麗だったし、循環バスに乗っていてもその熱意は感じた。
だから決まったって聞いて何だか嬉しいっ。
「中尊寺 金色堂」も行ったなぁとか思いながら映像みたりして。
しかしその頃も混んでいたのに、今後夏休みなんて激混みなんでしょうね!
行っておいて良かった(笑)

仕事で日本全国ほとんど行ってるけど、やっぱりプライベートで、あちこちゆっくりもっともっと観光したいな。
特に世界遺産は見ておきたいね。

海外ももちろんっ。

さて8月の舞台が終わったらどこに行こうかなぁ。

とにかく演劇の日

今日は昼夜はしごして舞台鑑賞2本立て。

一本目は恩師というべき人が出演する舞台。
見応え十分のワンシチュエーション芝居。
見入って見入って涙流した。すごい好き。
二本目は、これまた恩師というべき人が創る舞台。
大好きな人達が沢山携わっている舞台なので心から出たかった舞台。
楽しそうだなっと思いながらずっと観てた。

そして二つの舞台の間の時間は大好きなカフェに行って新しい本を読みふけった…ものすごく楽しい一日だったなぁ。
とにかく頑張ろって思える時間だったなぁ。

しかぁし
飲みの席を明日仕事なんでと、後ろ髪引かれる思いで抜けて終電に飛び乗ったのにぃ…遅延で途中までしか行けぬ(ガ〜ン)

久々にやっちまったがタクシー帰還も今日の気持ち良い日ならいっか(笑)

明日は大安、素敵なご夫婦のハレの日のお手伝い。
これまた楽しみっ!

2011年6月18日 (土)

戦いでした

昨日は長い一日でした。

通販番組の生放送をお昼と深夜の2本やってきました。

実は私、韓国メイク商品の広報をやらせてもらっていまして…。
エルクレー

昨日はデビュー戦(笑)だったのです。

それにしてもいつもの喋りとは全然違う…。

いつもは進行をやる立場ですがゲストですからね…。

TVKに舞台のPRで出演した以来の生放送ゲストポジション。

カメラの向こうにいるお客様との戦いですよ。

目的は只一つ!
いかに購入していただくか…それだけなんですよね。
商品はものすごく良いので本当楽しいんですけどね…まだまだ力不足です。

この春は新しい現場やクライアントさんとの出会いが続いています。何事もだけど初めてってとにかく緊張してしまいう私。
実は結構抜けているのに、見た目はそう思われないから、ボロを出さないように構えてしまうんですよね。
一回失敗すると気持ちも楽になるのですが、失敗したらお仕事なくなる可能性も大いにある業種なので、内心びくびく、ばくばくなんです。

とにかく頂いたお仕事を引き続ききちんと誠意を持って頑張るだけ。

とりあえず初戦は無事終了。

張り詰めた糸が緩み、またお買い物を沢山してしまった…。

2011年6月10日 (金)

脱力

ふぅ
無事に某ゲーム会社さんの新製品発表会が終了しました。

久々にプレッシャーとの戦い…。
まぁ自分でハードル上げちゃったんですけどね。

とにかく、なにが気持ちいいって…全て終わった時の緊張からの開放感。
これがたまらない。


今回は自分でハードル上げといて、自分でつまづいて…結果昨日はすごく落ちこんだんだけど何とか終了!

終わり良ければ全て良しでしょ!

あぁ今日から深い眠りにつけます。

お疲れ自分!

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »