« 折り返しました | トップページ | ブービーメイト賞 »

2008年3月21日 (金)

ありがとうございました

「メリーさんの柩」昨日無事千秋楽を向かえ、大盛況の元終了しました。

沢山のご来場誠にありがとうございました。

終了したので色々書けますが、今回は男装をしたり、貞操帯をご披露したりを今までにないパンチの効いた役をやらせていただきました。本当に面白かった~。

やっている私が楽しくて楽しくて仕方なかったので、きっと観ているお客さんは私達以上にどきどきわくわくしてくれたのではないかと思います。

2役を説明すると、
戦後すぐの昭和では、女愚連隊の一人で男装をし、ビール瓶で娼婦を殴り棄て台詞を吐く男らしい役。
平成の今では、環境浄化推進委員婦人部のオバハンで、過激な活動がエスカレートして貞操帯までを町の女共に強制する役。
こんな2つをやらせてもらいました。
佃典彦さんの本ですから本当に良く出来ていて、この2役がうまくリンクするんです。
これの面白さは見た人しか分かりませんよ。

しかし、スカートを捲り上げて貞操帯を舞台上で本当に披露しちゃうんですから、役者って頭がおかしいんじゃんといわれても否定できませんね(笑)

やってみなければ分からない楽しさや、舞台だから成立することが演劇の醍醐味であると確信しました。

これからも舞台でしか出来ないこと、見逃して悔しかったと思わせるものをどんどん作り続けたいと思います。

さあ次はどんな役に挑戦しようか・・・。

今からどきどきわくわくです。

役者坂内愛に今後もあたたかい目を注いでくださいまし。

« 折り返しました | トップページ | ブービーメイト賞 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114533/40588908

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうございました:

« 折り返しました | トップページ | ブービーメイト賞 »