« 一月生まれ | トップページ | 読む観る読む観る… »

2007年1月15日 (月)

銀座にて

銀座にて

銀座にて

今日は松屋銀座で“池田重子さんの着物コレクション展”を観てきた。
大正昭和時代の着物や帯を始め、帯留め、袋物(小物入れね)やかんざし等数100点。
やっぱり着物は華やかで良いやねぇ。
誘ってくれた友人は、和を着付けや作法から極めようと、只今修行中。
着物の似合う和美人の彼女。
子供連れでなければきっと着物を着てきただろう。
銀座を着物で歩くのは粋だものっ。

中でも私の目を一番引いたのが明治時代の火消しが着ていた着物。
男性物なんだけど、背中一面に五右衛門みたいな人の顔が刺繍されていて、めちゃめちゃ格好良かったっ!
帰宅して祖母にその事を言ったら、火消しの衣装は丈夫にするため刺子だったのよ。って教えてくれた。
「刺子」を辞書で調べてみたら、“布を重ね合わせて一面に1針抜きに細かく縫ったもの”らしい。
縫い合わせた上に更に刺繍をしたのだろうか…それは丈夫だね。
それに無事を祈って一針一針縫ったのだろうし、昔は防火スーツなんてないから当時の知恵はすごい。
その他、総刺繍で龍が刺繍されていた帯、筆で絵が描かれた帯など値が付けられない、皺を付けたら一生後悔しそうなものばかり。
目の保養になりました。

そして目の保養というか、目を疑ってしまった出来事が一つ。
銀座の西洋風ホテルのカフェで美味しいケーキを食べていた時のこと。
三つ隣の席に松井秀喜選手が座っているではないかっ。
今帰って来ているとは知らなかったので一瞬目を疑ってしまったが、やはり彼のオーラは格別だった。
野球好きの弟に言わせたらゴジラに会えるのは貴重だ!…らしい。

こりゃあ春から縁起が良いぜ!

« 一月生まれ | トップページ | 読む観る読む観る… »

コメント

昔の人こそお洒落だったんだー♪
着物文化、大切にしたね(*^_^*)
松井さんかぁ、オーラあるんだねぇさすが!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/114533/13509148

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座にて:

« 一月生まれ | トップページ | 読む観る読む観る… »