« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月29日 (月)

道後温泉より

贅沢三昧の旅から後ろ髪をひかれる思いで帰宅。
豪華な宿、色彩豊かな数々のお料理、そして温泉。
至福の時に私は身も心も十分満たされた。

お宿は“大和屋別荘”という明治元年創業の老舗高級旅館。
道後温泉より高級で厳かな佇まいにため息が出るくらい。
うわぁ素敵~っと私の顔も緩みっぱなし。

純和風のお部屋は広々で、部屋の中にこんな手洗い場まであるのです。
道後温泉より道後温泉より自力でいつかまた来ようと何度も思ったほど隅々まで細やかな心遣い。

お料理も食前酒・先付から始まり椀物、御造り、揚げ物など12品が次々と目の前に運ばれてくるのよ!
日本酒もいただきながら極楽気分です。
三枚目の料理は見ての通り、蟹のすり身揚げを梅とうぐいすで飾りつけてある。
うぐいすは胡瓜の漬物なんだよぉ。
全て目でも舌でも楽しめる、美しいものばかり。
ここでも感動のため息。
道後温泉より道後温泉より
今回は私がいつもつたない司会でお世話になっている会社の社員旅行に、私まで仲間に入れていただいたという、感謝感謝の旅。

至れり尽くせりで幸せだ、幸せだの連発。

道後温泉内の土産物屋が並ぶ商店街では雛人形も発見。
もうすぐ春なんだなぁと思う。

温泉は、到着時に夏目漱石や正岡子規が入ったとされる道後温泉本館に一度足を運び、その後宿の温泉に夕食前、寝る前、朝食前と計4回浸かり、まさに温泉三昧。

極楽極楽!

最終日は内子座という劇場と大洲和紙工場の見学に鯛のお刺身がのったづけ丼のような名物鯛めしを頂き、観光三昧。

こんなに愛媛を満喫したのは初めて。

美味しいものを食べて、良い景色を見て、美味しい空気を感じて、何だか心身ともにリフレッシュ出来たのか、めちゃめちゃテンション高く帰宅。

やっぱり旅はいいねっ!

2007年1月27日 (土)

愛媛へ

愛媛へ
久々に大好きな羽田空港を出発し愛媛へやってきた。

愛媛は4年振り2回目か3回目かな。
私は何故か四国との相性が良く、全て仕事だがここ4、5年で全県2回ずつは来ていると思う。
釣りの大会でしょ?
パソコン教室のアシスタントでしょ?
そして今回の囲碁大会と、やたら四国が多いのです。

今回は松山城の目の前の全日空ホテルに宿泊。
素敵です。

四国ってどの県ものんびりのんびりしている印象があるが、今回の愛媛で出会う人達は格別スローリーだった。

今回の仕事の相手は子供なので、割りといつも慌ただしいのだが、今日はと~てもゆっくりだった。

松山はタクシーのおじちゃん曰く、名物の食べ物は特になく、鳥が流行れば焼き鳥屋さんがどんどん出来、豚が流行れば豚専門店にどんどん変わっていくらしい。
ちなみに今はラーメン屋さんが増えているみたい。
松山の人達はきっと流行に敏感なんだろね。
何だか県民性が現れていて面白い。

ちなみに「坊ちゃん」のお団子等お菓子は色々有名だけどね。

さぁ仕事は終わりだが、そんな素敵な松山に明日まで滞在出来ることになりウッキウキッ!
温泉という文化がここから始まったらしい・・・元祖道後温泉へGo!

2007年1月24日 (水)

10本目標

10本目標
最近はあまり本を読む気がしないので映画を沢山観ることにした。
愛ルケ、プラダに続いて、
周防監督の新作“それでも僕はやってない”
3月10日からROADSHOWの“約束の旅路”
“硫黄島からの手紙”
を観てきた。

硫黄島はアカデミー賞ノミネート作品でもあるし、ニノ好きな私としてはずっと観たかった。
感想は何だかドキュメント映画というか記録映画のようだったなって感じだ。
帰り道、「実話なんだよなぁ」と映画とあまりにもかけ離れた平和な歌舞伎町を歩きながら空を仰いでしまった。

周防監督の新作は、真面目な社会派の作品で勉強になったし、もし私が無実の罪をかけられたらどうするだろうか…。
頭がおかしくなるんじゃないだろうか…と色々と考えさせられた。
主演の加瀬亮君と一緒に、何でだよ、どうしてだよっと終始やりきれない気持ちでいっぱいだった。
こういう作品って必要だと思う。
是非観てください。

でももっともっと観て欲しいなって思えたのが“約束の旅路”だ。
エチオピア系ユダヤ人をイスラエルに護送した実話を元にした作品なんだけど。
あのねぇ…とりあえず観て!
すごくすごく良いからっ!
母親を持つ全ての人に、母親になるであろう全ての女性におすすめしますよ。

私は映画館が好き。
そして映画館で観る映画が好き。
特にがらがらで私の前には誰もいないっなぁんてシチュエーションなら更にテンションが上がる。
だからかなぁ家でDVDを借りて…というのはあまりない。
まぁ家だと寝てしまう傾向にあるので…私。

さぁて明日はシネマ歌舞伎とマリーアントワネットを観る予定だ。

今月の目標は10本にしたからね。
後3本は何にしようかしら…?

2007年1月23日 (火)

迷い人VSプラス人

先日、友人に連れられて新宿のある四川料理屋に行ってきた。

ここは友人のオススメ店。

まずは四川といえば、麻婆豆腐でしょ。
これはさすがよね、真っ赤だけど辛いだけじゃないっ!
ご飯がすすむすすむすすむ君!

そして豚足が煮込まれたコラーゲンたっぷりスープ。
青唐辛子も一緒に煮込んであるのでちょっとピリ辛だけど、白濁でとろっとろ。
お肌に絶対良いよね!

定番のバンバンジーもゴマだれは絶品だし、蒸し鶏となすという組み合わせは変わっているがぴったりなのっ!

もうね、オススメだけあってどれもこれもめちゃめちゃ美味しかった!

この友人は私が我武者羅に芝居をしていた頃の仲間で、今は映画を自分でも撮ってしまうという女優さん。

自分の考えや思いをしっかりと形にして表現が出来る、私が尊敬する友人の一人だ。

いつもマイペースで、前向きで、生き生きした姿には助けられる。

昨年末に観させてもらった彼女の作品は、さらに視野を広げた彼女ならではの世界観が溢れていて本当に素敵だった。

その感想も含め今回の食事会が実現したのだが、さらなるワールドワイドな考えにこっちまでワクワクドキドキしてしまった。

最近の私はどこか勢いが無く、少々迷路に迷い込みそうな感じであったので、彼女の前向きな勢いにまたまた助けられた思いだ。

人って、楽な方に楽な方に行ってしまうじゃない?
目に見えるものが安心だし、充実してるって思うじゃない?
でもいざ、ふと自分の真の心をよんでみると
あれ?何だか違う方向に行ってないかい?って思うことがある。
余程強く強く思って歩いてないと、ふら~っと横道に逸れていってしまうのよね。

最近の私はこんな状態だった気がする。

それをまた彼女に助けられた。

強いプラスの力に引っ張られてやっと冬眠から目覚められそうだ。

会えば必ず私を高みへ引き上げてくれる人。

こういう友人はとてもありがたい存在である。

2007年1月19日 (金)

買っちゃった

買っちゃった
早速ボードを購入してしまいましたっ!
どうせやるならレンタルよりは私物でやりたいよなぁ〜
ということで、パシフィコで行われていた「WINTER SPORTS FESTA」に行ってきた。

先着順に、抽選で当たると有名ブランドの板が980円で手に入ったり、ハズレても3点セットを先着で19800円or29800円or39800円で手に入れられたりというお得さ。
さすが“フェスタ”だわ。

男性のお客さんが多いのかな。
メンズものが先になくなるみたいで、私はラッキーなことにレディースの3点セットをゲットできた!
久々の大掛かりなセール参戦は、疲れたが楽しいお買い物だったわぁ。

これで2回目のスノボに向けての準備も万端!

昔っからスノボに誘ってくれていた友人にも、先日「どういう風の吹き回し?」と言われたが、ハマるととことんやりたくなる私。

冬に体を動かすことは良いことっ良いことっ!
来月が楽しみだわっ!

2007年1月17日 (水)

読む観る読む観る…

読む観る読む観る…
最近友達が大量に本を貸してくれ、必死こいて読んでいる。
そして今月は10本映画を観ようと決めたので、こちらも時間を見つけ映画館に足を運んでいる。
この前まだ2本目だが、観たかった“プラダを着た悪魔”をや〜っと観てきた。
ファッション、メイク…きっと女の子は皆この映画好きだと思う。

そして本…。
今年の一冊目は石田衣良の“美丘”
私が石田衣良作品が好きなので回してくれたのだが、いつにない恋愛小説だった。
でも石田さんらしく現実的でどこか冷たい感じと、ふと人恋しくなる感じが混ざっていた。
そこが好きなんだよね。
続いて、久々に漫画を読む。
“鉄コン筋クリート”
現場で読んでいたらあっ!って言われた(笑)
それくらい話題なんだよなぁ。
何だかハチャメチャな感じが魅力的。
最初のなんだこいつっ?がシロかわいい!になる不思議さ…。

爆笑問題太田光の“トリックスターから空へ”は、太田総理って番組を見ては、この人熱いなぁって思っていたが、あらためて彼がここまで情熱的だったことに驚く。
外交問題や、殺人事件、ライブドア事件、戦争など真っ向から意見をぶつける。
歴史物から小説まで物凄い数の本を読んでいるのだと感心した。
そしてただ今“国家の品格”を読んでいる。
ベストセラーは読んでおきまひょ!

っということで今年も本と映画には時間を使っていかなきゃね!

それにしても最近つくづく、同じような本を読み、同じような映画を観ている友人と私は思考が似てきているのではないかと思う。

私だけ?

2007年1月15日 (月)

銀座にて

銀座にて

銀座にて

今日は松屋銀座で“池田重子さんの着物コレクション展”を観てきた。
大正昭和時代の着物や帯を始め、帯留め、袋物(小物入れね)やかんざし等数100点。
やっぱり着物は華やかで良いやねぇ。
誘ってくれた友人は、和を着付けや作法から極めようと、只今修行中。
着物の似合う和美人の彼女。
子供連れでなければきっと着物を着てきただろう。
銀座を着物で歩くのは粋だものっ。

中でも私の目を一番引いたのが明治時代の火消しが着ていた着物。
男性物なんだけど、背中一面に五右衛門みたいな人の顔が刺繍されていて、めちゃめちゃ格好良かったっ!
帰宅して祖母にその事を言ったら、火消しの衣装は丈夫にするため刺子だったのよ。って教えてくれた。
「刺子」を辞書で調べてみたら、“布を重ね合わせて一面に1針抜きに細かく縫ったもの”らしい。
縫い合わせた上に更に刺繍をしたのだろうか…それは丈夫だね。
それに無事を祈って一針一針縫ったのだろうし、昔は防火スーツなんてないから当時の知恵はすごい。
その他、総刺繍で龍が刺繍されていた帯、筆で絵が描かれた帯など値が付けられない、皺を付けたら一生後悔しそうなものばかり。
目の保養になりました。

そして目の保養というか、目を疑ってしまった出来事が一つ。
銀座の西洋風ホテルのカフェで美味しいケーキを食べていた時のこと。
三つ隣の席に松井秀喜選手が座っているではないかっ。
今帰って来ているとは知らなかったので一瞬目を疑ってしまったが、やはり彼のオーラは格別だった。
野球好きの弟に言わせたらゴジラに会えるのは貴重だ!…らしい。

こりゃあ春から縁起が良いぜ!

2007年1月14日 (日)

一月生まれ

一月生まれ

一月生まれ

私の周りには一月生まれがとても多い。
数えてみると親友から従兄弟まで11人。
3日に一回はお誕生日おめでとうメールを打つ感じだ(笑)

そして今日は父の誕生日。
私のお祝いも兼ねていたので特上寿司に母手作りのケーキと、メニューには私の大好物が並んだ。
昔から私のリクエストは必ずお寿司なのさ。
幸せだわぁ!

我が家は昔から12月のクリスマスを筆頭に、妹の誕生日があり、お正月、そして私と父の誕生日と毎年この時期はイベントが続く。
そのおかげで集中してご馳走を食べ、集中して肥えるのね…(笑)
でも子供心にはウキウキの半月だったな。
今じゃあこれに、忘年会だ新年会だと加わるのでさらに暴飲暴食が増える…。
今年も随分続いたな…。
そろそろ終わりにしなければ…。

2007年1月12日 (金)

ありがとう!

ありがとう!

ありがとう!

本日28歳になりました。
一足早くバースデープレゼントをくれた私の親友。
そして今日お祝いメールくれたみんなっ。
本当にありがとう!
写真のお花は、今日大好きな親友からもらったもの!
ありがとねっ!
やっぱり私も女の子、お花ってプレゼントされると、さらに主役気分が高まり、凄いうれしいよね!
そしてもうひとつの写真は今日皆さんの温かい心遣いで頂いた、素敵なサプライズプレゼント。
感激です!
人を喜ばすのも楽しいけれど、自分が主役なんてこれほど嬉しいことはないよねっ!
感謝感謝です。
本当にありがとう。
28歳を楽しく美しく面白く生きようかなって思います!

2007年1月11日 (木)

愛ルケ

愛ルケ

一足先に“愛の流刑地”を観させてもらった。
寺島しのぶさんと豊川悦司さんの体当たりのシーンは過激ではあったが渡辺淳一ワールドを忠実に再現するにはこのくらいしないとダメなのねっと感心してしまったほど。
最後にはトヨエツに泣かされたし、エロティックだがそれだけで終わるわけではないので安心して観てみてください(笑)
カップルで観にきていた人も多かったしね。

でもこの役は何人かの女優さんが断ったらしい。
確かに過激過ぎる…。
でも、寺島しのぶさんの妖艶さはさすがだった。
あやしいくらい美しかった。

私は今年の年賀状で役者の先輩に
「愛の今年の目標はもっと水っぽく」
と言われている。
きっとこんな妖艶さを持てたら合格点が出るだろう。
根がオヤジの私には永遠のテーマである(笑)

2007年1月 9日 (火)

日記

私は24歳くらいから毎日日記を付けるようになったが、私の祖母は14歳から毎日かかさず日記を付けている。
先週から私の家には祖母が泊まりに来ていて、私が休みの時にはコタツに入りながらのんびりと一緒に過ごしている。
そして一緒に日記を書くのである。

その時に祖母がよく
「高等科2年の時に
“日記をつけない国民の国は滅びる”と先生に言われたので滅びたら困っちゃうから、毎日付けるようになったのよ」
と言う。

確かに滅びたら困る…(笑)
私は付けているぞ。
祖母が使っているのは3年日記で1ページに3年分書ける物。
去年のこの日はこんなことをしてたんだぁと簡単に読み返せるのも良い。
祖母は今年89歳。
14歳からだから、もう75年も書いていることになる。
すご〜く歴史を感じる。

私も可能な限り頑張ろうっと。

2007年1月 8日 (月)

寒中お見舞い

寒中お見舞い

松の内が明けたので寒中見舞いを出そうと思う。
今回は昨年撮った写真をバックに使用することにした。

ホテルに持参した年賀状にはなじみの名前が並ぶ。
産休代行で来た大好きな小学時の先生に、
同窓会でもよく会う高校の担任、
昔のバイト仲間、
幼稚園からの幼なじみ、
小中学校の同級生、
地方にいる友人等々…。
今年は結婚したり子供が産まれたりと、ハッピーな報告が多かったのでうれしくて何度も読みかえしてしまった。
そして私はそこから元気をもらうのだ。
この人達とのやり取りがたとえ年一回になってしまったとしても永遠に大切にしたい。
紙一枚なのに何だかとても重く感じられるし、面倒になってしまったら簡単に消えてしまうのかも、とも思うから尚更大切にしなければいけないと思う。

だからメールでのやりとりではなく、ハガキにこだわる。
たとえ一言でも手書きのメッセージはとても温かい。
 
当然宛名を書く時には必ず相手の顔や当時の様子を思い出す。

こうやってじっくりあたためる絆もあるんだなと実感する時間だ。

2007年1月 6日 (土)

enjoy!

enjoy!

最近ではこんな入浴剤がコンビニで購入出来るのよ。
おかげで1人の汗だく入浴タイムを楽しめて疲れも取れる。
最近はこういった発汗作用のあるゲルマニウム入りの物がマイブームだが、少し前はコンビニでパックの日本酒を買ってお風呂に入れていた。
そう言えば、出張だとコンビニにもみんなで寄る事が多いので
「愛さん寝酒に“鬼ごろし”飲むんですか? 渋いですねぇ」
っと突っ込まれた事を思い出してしまう。
酒風呂は保湿効果も保温効果もあって、なかなかオススメなんですがね。

やはり快適なホテル生活には、快適な入浴タイムが重要ねっ!

仕事始め

今年は久々の出張からスタート。
只今水戸。
あんなにしょっちゅう飛び回っていた私なのに、最近はめっきり遠出してなかったので今日は出張にウキウキ!
仕事は明日からなので今日は移動のみだし、余裕の現場入りがまた良い。
そしてホテルでの1人時間が色々やる気を起こしてくれるので、本やら原稿やら寒中見舞いの宛名書きやらと沢山仕事を持って来た。
年末年始と一人になることがあまりなかったので、この時間を使ってじっくり今年の計画も立てようかな!

2007年1月 4日 (木)

お正月

2007年もあっという間に3日が過ぎてしまった。

今日からは早起きをして…って思っていたのに相変わらず爆睡。
年末からめちゃくちゃ寝付きの良い私…(本当に凄い眠れるんです)
お陰様でお肌の調子は良いんだけど。

さぁ今年の三箇日は友達に誘われて東京大神宮に初詣に行ったり、車の祈祷に川崎大師に行ったりと平和な3日間でした。
初めて行った縁結びの神様がいる東京大神宮では恋みくじなるものを引いてみた。

結果は中吉。お正月

よし、これから上へと上がっていける良い運勢ねっ。

でもこのおみくじは相性の良い相手の星座や血液型、年齢差、干支などが書かれている一風変わったおみくじなのだ。
さすがに縁結びの神様ね。
さぁ今年はどんなご縁があるのでしょうね(笑)

川崎大師は相変わらずの人・人・人。
そして毎年必ず買う私の大好物“住吉のくずもち”をゲット!お正月
これを食べなければ一年が始まりませんっ!

そうそう!
川崎大師に行く途中に、ちょうど箱根駅伝の復路の選手と遭遇。
お正月お正月
人だかりの沿道の中を車で走る気持ち良さは、皇族になった気分で、ついつい手を振りたくなっちゃうくらい(笑)

まぁそれにしても、どこに行ったって人が多いこと多いこと。
デパートの盛況ぶりにも圧倒されてしまった。

あっという間の3日間。

私も明日から仕事。
しかも初っぱなから出張です。

本でも読みながら、ゆっくり行こうかな!

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

やって来ましたね、2007年。
私はお家でゆっくりと2007年を迎え、いつになく落ち着いた年越しになりました。
今年はどんな年になるのか、今からワクワクします。

そして、沢山の方々から年賀状をいただき、ありがとうございました。
実は昨年叔母が亡くなり喪中だったため年賀状を出せていません。
ごめんなさい。
寒中見舞いを出させてもらいますのでお許しください。

さぁ今年は“チャンスを掴む”っというのをスローガンにアンテナを張って目の前に降ってきた幸運を掴んでいきたいと思います。

もちろん皆さんにも沢山の幸運が舞い降りますように!

今年もよろしくお願いします!

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »